債務整理でおすすめの3つの法律事務所

08e1511de4111682f10494099b9812cf_s

法律事務所はどこを選ぶかによってあなたのこれからの人生が大きく変わります。

法律事務所によって違うのは費用だけではありません。費用だけで選ぶと、あとから自分のする作業が増えたり、借金の減額が少なかったりする場合もあります。

このページは古い内容にになります。

最新情報は下記の青文字をクリック

法律事務所の選び方

法律事務所を選ぶ基準は費用で選ばないようにしてください。しっかりしている法律事務所であれば費用はどこに頼んでもほぼ変わりません。たまに異様なほど高い法律事務所もありますが、今回ご紹介している法律事務所はそんな所はありませんのでご安心を。

ではどこを見ればいいのかというと、

  • 債務整理に力を入れている法律事務所

を選ぶことは絶対ですね。さらにその中から

  • 債務整理の実績・実力

を見てどこにお願いするかを決めましょう。

債務整理の実績・実力

債務整理するにあたって、弁護士事務所の実力は思った以上に重要です。なぜなら債務整理は弁護士の実力によって結果が大きく変わるからです。

自己破産であれば法律事務所の実力によってあなたの借金が免除されるかどうかが決まりますし、それ以外の個人再生や任意整理では弁護士の交渉力によってどのくらい減額されるかが変わります。

だからあまりのも大きい様々なところに支店を出している事務所は選ばないほうがいいですね。他の事務所だとまだ仕事をさせてもらえないような弁護士がでてくることもあります。

個人でやっていて、少し大きめな所が実績も多く弁護士も少数精鋭型でおすすめです。

債務整理でおすすめの法律事務所の実力ランキング

債務整理でおすすめの法律事務所を3つ選び、債務整理の実力を客観的にみてランキングにしてみました。

全て債務整理に強い法律事務所です。

rank01_s_01樋口総合弁護士事務所

スクリーンショット 2015-06-07 11.21.51

  • 即日取り立てストップ
  • 少数精鋭の弁護士事務所
  • 債務整理の実績多数
  • メール相談から開始可能
  • 初期費用0円・分割支払い可能
  • 女性弁護士が対応可能
  • 24時間365日対応

>>樋口総合法律事務所 WEB相談申込

rank01_s_02RESTA法律事務所

スクリーンショット 2015-06-07 11.28.03

 

  • 債務整理の実力はTOPクラス
  • 分割支払い可能
  • 債務整理の費用が少し高い
  • メール相談可

 

RESTA法律事務所 WEB 相談申込

 

rank01_s_03リヴラ総合法律事務所

スクリーンショット 2015-06-07 11.30.43

  • 女性のスタッフ多数
  • 分割支払い可能
  • 債務整理実績多数

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

 

どこまで法律事務所が書類を作成してくれるのか

借金が返せないのであれば法律事務所にお願いをして債務整理をすることになりますが、その時に法律事務所はどこまで書類を作成してくれるのでしょうか。

弁護士事務所の選び方として、どこまで書類を作成してくれるかを見る必要があります。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票

などのように自分で用意しないといけないものもありますが、法律事務所によっては事務所側で用意できる書類までこちらがわに用意させられる場合もあります。

それではせっかく高いお金を支払ってまで法律事務所にお願いしている意味がありません。

あなたに時間に余裕があるのならば、相談であれば債務整理の相談であれば同時に複数の事務所に相談しても構いません。

複数同時に相談をした上で

  • 債務整理完了まであなた自身のすべき作業量
  • 債務整理の弁護士費用

を確認しましょう。

あなたの状況によってこの2つは変わります。ですので、実際に相談をしてみて比較する必要はあると思います。

借金を返すために借りてはいませんか?

借金の返済は毎月あります。

その借金を返すために借金をする。その借金を返すためにまた借金をする。来月までもてばなんとかなる。

と思いながら、どれぐらいの月日が経っていますか?

今のままでは借金は膨れ上がるばかり。このまま借金が増え続ければ債務整理をするときにもデメリットがあります。

借金が増えることによる債務整理のデメリット

借金が増えることによって起こるデメリットは多数あります。

  • 自己破産しか選択肢がなくなる(ある程度であれば自己破産以外の選択肢も選べます)
  • 債務整理中の毎月の費用があがる
  • 債務整理後に借金できる会社が減る

自己破産しか選択肢がなくなる

自己破産以外にも債務整理の方法はいろいろとあります。

金額が高ければ高いほど自己破産しか選択肢はなくなっていくのです。

自己破産の場合は保証人に対してばれずに債務整理ができなくなったり、官報というものにあなたの名前が載ってしまいます。

自己破産でなければ保証人に迷惑をかけずに債務整理できたのに、決断が遅かったために保証人を巻き込むしかなくなるかもしれません。

債務整理中の毎月の費用があがる

債務整理で自己破産以外の方法が取れたとします。

自己破産以外の方法は借金を減額したり金利を0にして完済していく方法なのですが、さらに借りていくことによってその債務期間中の返済額はどんどん増えていきます。

だから債務整理をするなら早ければ早い方がいいです。

債務整理後に借金できる会社が減る

債務整理後は5年ほど経てばまたクレジットカードなどをつくれます。

ただし、債務整理のときに借りていた会社はあなたの履歴をもっていますのでもう二度と借り入れは出来なくなってしまいます。しかもその金融グループごと全部借りれなくなります。

だから、借入先を増やすことはあなたの今後の人生のデメリットにしかなりません。

借金を返すために借金をしている状態は通常ではありませんし、住宅ローンや自動車ローンなどの金利の安いローンを消費者金融やカードローンの金利の高い借金で返していくのは、あなた自身の首を絞めていることに早く気づいて下さい。

毎月の返済のほとんどが金利で、借金の元本は全然減っていないのをあなたはしっているはずです。

ブラックリストをただしく理解しましょう

ブラックリストに乗れば、一生借金ができない、人生の終わりだ。と思っていませんか。

そこまで日本というのはひどくありません。

言ってしまえば、普通の債務整理えあれば5年間、自己破産であれば7年間は借金をできないだけです。

しかも、強制的に借金ができなくなるので借金をしない生活になれることもできます。そうやって健全な生活にもどっていくことが重要です。

自己破産をしてもブラックリストに載っても、借金ができないこと以外は普通の生活を送ることができます。

あなたが言わなければ、会社や近所にもばれません。

自己破産すれば官報というものに名前がのりそこからばれる可能性はありますが、一般人で官報を見ている人なんていません。

しかも借金できないのはあなただけです。将来あなたの家族となる人や、あなたの子供ができたとしても影響は全くありません。ずっと借金に苦しみながらお金がない中で生活するよりは借金が無くなって、健全な生活を送る方が何倍もいいことは間違いありません。

しかも、数年後にはそのペナルティも無くなります。住宅ローンや自動車ローンも組めるようになります。

一度は国が用意した制度に甘えてもいいのではないでしょうか。

決断をしましょう。

法律事務所相談をしても、絶対に債務整理しないといけないわけではありません。最終的にあなたの意志で選ぶことができます。

rank01_s_01樋口総合弁護士事務所

スクリーンショット 2015-06-07 11.21.51

  • 即日取り立てストップ
  • 少数精鋭の弁護士事務所
  • 債務整理の実績多数
  • メール相談から開始可能
  • 初期費用0円・分割支払い可能
  • 女性弁護士が対応可能
  • 24時間365日対応

>>樋口総合法律事務所 WEB相談申込

これからFXするならFXトレードネット