お母さんにとって子供の成長は自分のことのように大切なものですね。

 

笑顔で遊んでいる子供たち

 

そんな子供のために毎日一生懸命ごはんを作っているけれど、この食事内容で必要な栄養素を補うことができているのかしら、そもそも成長期に必要な栄養補給と言われても具体的に何が必要なんだろう・・・といったように様々な疑問が浮かんでくることもあるでしょう。

 

成長期の子供にとって必要な栄養素を取り入れることは非常に大切なことであるため、しっかりと学んでおくと安心です。

 

成長期の子供にとって栄養補給が重要な理由

成長期の子供に必要なものといえば『睡眠』と『運動』と『食事』ですが、その中でも『食事』はかなり重要な役割を担っています。

 

食事によって成長に必要な栄養素を取り入れることで、体を健康的に大きくすることができるためですね。もちろん睡眠と運動も重要ですが、どちらも食事で摂取した栄養をより効果的に作用させるために必要なものであるため、まずは食事での栄養補給を意識することが大切になるのです。

 

成長期の子供というのは、体を大きくするために必要となるエネルギーや栄養素の量が成人並かそれ以上になるといわれています。

 

大きなおにぎりを口いっぱい頬張る子供

 

しかしまだ体が小さかったり好き嫌いをすることも少なくない子供ですから、たくさん食べて一生懸命栄養を摂取しようとしても食事内容が偏ったりしていれば栄養が足りなくなってしまうこともあります。

 

もしうまく栄養を得られず成長に必要な栄養が不足してしまうと、体が大きく育つことができないだけでなく、感染症にかかりやすくなってしまったりアレルギー持ちになりやすくなってしまうのです。

 

最近では成長期の栄養素不足やバランスの乱れが『注意欠如多動性障害』や『自閉症』といった精神的な部分にまで作用しているという話もあります。実際にそれらの症状に悩まされている子供が増加傾向にあるという側面からも、成長期の栄養素がいかに重要なのかということがわかるでしょう。

 

このように子供の健やかな成長のためには三食きちんと食べて栄養を補うことが非常に大切なのですが、実は子供の中には朝食を食べないことがあるという子も少なくないという事実があります。

 

朝は眠くて食事を摂るより寝ていたいから、親御さんが食事を準備してくれないからなど様々な理由があるかと思いますが、子供が朝食を抜くということは必要な栄養素を必要分摂ることができないことに繋がりかねません。

 

実は朝食を食べる子のほうが食べない子よりも成績が良かったり、肥満が少ないといったデータが有るほど朝食は重要な存在です。子供の将来のためにはバランスの良い食事を三食しっかりと摂取する習慣を付けてあげることが大切なのです。

 

最も重要なカルシウムと一緒に摂ったほうが良い栄養素

子供が摂取すべき栄養素の中でも、最も重要であるといっても過言ではないのが『カルシウム』です。

 

カルシウムといえば骨を丈夫にするということで有名な栄養素ですね。そのため食事のバランスまで気を配ることができなくても、牛乳や小魚などでカルシウムだけはきちんと与えている、そのような方も少なくないことでしょう。

 

カルシウムたっぷりの小魚(ちりめんじゃこ)

 

カルシウムは不足すると骨や歯への影響だけでなく、不眠症状や怒りっぽくなるなどの精神的な症状を引き起こす可能性があります。情緒が安定した子供になってもらうためにもカルシウムは積極的に取り入れていきましょう。

 

しかしカルシウムだけでは体へ効果的に作用することができませんので、ルシウムを吸収しやすくする『ビタミンD』も一緒に摂るようにするのがおすすめです。

 

ビタミンDは卵やきのこを食べるといったように食事から補うことも可能ですが、日光を浴びることで体内に生成されるという性質を利用するのも良いですね。日光の浴び過ぎは日焼けを始めとする紫外線の影響を受けてしまうこともあるため注意が必要ですが、日陰を用意するなど上手に対策をしてたくさん外で遊ばせてあげましょう。

 

また、ビタミンD以外にもカルシウムと一緒に摂取することで効果を発揮してくれる栄養素に『マグネシウム』があります。

 

マグネシウムはカルシウムを骨に定着させるなどカルシウムと密接な関係があるだけでなく、緊張をほぐしたり、体内にある300種類以上の酵素が働く手助けをしたりといった大切な栄養素です。

 

実は多くの現代人は食文化の変化によってマグネシウムが不足している傾向にあるといわれています。

 

マグネシウムというのは昆布やひじきといった海藻類や大豆、ごまなどに多く含まれているのですが、これらは和食中心の文化であった際には比較的習慣的に摂取することができていました。しかし最近では食事の西洋化が進んでこれらを食べる機会が減少してしまったため、マグネシウムが不足しがちになってしまったのです。

 

カルシウムをより効果的に作用させるためにも、ビタミンDやマグネシウムも積極的に摂取させるようにしましょう。

 

成長期に重要なその他の栄養素

子供の成長にはカルシウムやマグネシウム、ビタミンD以外にも様々な栄養素が必要となります。

 

例えば『たんぱく質』は臓器や血液など人間の体の基礎を作るだけでなく、免疫機能などにも関わっています。しかし摂りすぎると肥満や内臓疲労に繋がるため、バランスよく摂取することが大切です。

 

『亜鉛』は体の成長を促す効果が期待できるものであり、たんぱく質を合成したりコラーゲンを形成したりと重要な存在です。また、カルシウムと一緒に摂ることで身長を伸ばす効果が期待できるものでもあります。

 

亜鉛を豊富に含んだ牡蠣のフライ

 

亜鉛は牡蠣などに多く含まれていますが、この亜鉛が不足すると免疫力の低下や第二次性徴が遅れるといったリスクがあるため、成長期の子供には特に意識して与えてあげる必要がある栄養素でもあります。

 

また、『アルギニン』も重要です。アルギニンには免疫力の向上や傷の治りを早くするといった作用があるといわれています。アルギニンというと大人向けの印象が強い方もいらっしゃるかもしれませんが、子供の成長のためにも重要なため、是非押さえておきたい栄養素であるといえるでしょう。

 

この他にも『ビタミンB群』や『鉄』、『DHA』などもエネルギーや頭の回転力を高めるために重要ですし、他にもたくさんの栄養素が必要となります。

 

これらの栄養素を食事で摂取するためには一日三食摂ることを心がけ、主食、主菜、副菜のバランスをしっかりと考えることが大切です。魚だけ食べる、肉だけ食べるといったように偏った内容にするのではなく、様々な種類の食材を使ってバランスよく献立を考えてあげましょう。

 

しかしレシピを考える際、肉や魚などに多く含まれるたんぱく質であったり小魚や乳製品などから摂取できるカルシウムは比較的容易に組み込めるので問題ないけれど、亜鉛やDHAはどうしようと考えることがあるでしょう。

 

亜鉛は牡蠣やホタテに多く含まれていてDHAはサバやイワシなどの青魚に多いものですから、なかなか定期的に購入したりレシピを考えたりすることが難しい食材ばかりで困ってしまいますね。

 

DHAを多く含む鯖

 

このように食材の入手が難しかったり、これだけたくさんの栄養素をしっかりと摂らせるためのレシピを考えるのは大変、そんなときにおすすめなのが『アスミール』です。

 

成長期の子供のためのサプリ(栄養補助食品)『アスミール』

 

 

『アスミール』は子供の成長を応援する飲料であり、たった一杯飲むだけで一日に必要な栄養素の不足分を補うことができるのです(詳しくは公式サイトをご確認ください)。

 

カルシウムやビタミンDはもちろん、鉄やビタミンB群も豊富に含まれており、更に亜鉛やアルギニン、DHAやプラセンタまで含まれているのです。

 

また、カルシウムを効率よく吸収するために『魚骨焼成カルシウム』と『胡麻ミネラル』、天然珊瑚素材である『ドロマイト』という3つの異なるカルシウムを配合するなど、成長応援飲料の名に恥じないこだわりが詰まっています。

 

 

この独特のCMがお子さんに結構人気みたいですw

 

 

 

 

 

 

 

 

子供にサプリ(栄養補助食品)を与えても大丈夫?

アスミールなどの栄養補助食品で、成長期に必要な栄養素を補うことができるということはわかったけれど、なにか副作用などがあったりしないのかと不安に感じるという方もいるかもしれません。

 

アスミールは安心・安全な栄養補助食品

 

もちろん選ぶ栄養機能食品やサプリメントの種類にもよりますが、例えば『アスミール』の場合、合成保存料や着色料、合成甘味料を使用していなかったり、放射能が検査済みであったりと安全面に関しては徹底的に配慮して製造されています。

 

また、商品自体はもちろん、原料もすべて国内で製造されているなど安心感が高い飲料に仕上がっているのです。

 

ココア味など牛乳が苦手な子でも飲みやすかったり、好き嫌いが多くても効率的に栄養素を補うことができる点なども考えると、栄養機能食品やサプリメントを活用するのはむしろ子供のためになるといっても良いでしょう。

 

食事では足りない栄養素を補うのが目的

 

しかし勘違いをしてはいけないのが、栄養機能食品やサプリメントは決して万能ではないという点です。

 

『アスミール』を始めとする成長飲料やサプリメントはあくまで子供の成長をサポートするためのものであり、食事では足りないものを補うために活用するものです。

 

サプリなどを過信して普段の食事をおざなりにしてしまうと、栄養が偏ってしまったり栄養不足になってしまいかねません。食事を食べる子供はもちろん、それを作るお母さんもこの点には注意しておくと良いでしょう。

 

美味しいので飲み過ぎには注意

 

もう一つ懸念点をあげるとすると、飲みすぎてしまうことがあるという点ですね。

 

子供用の栄養機能食品の多くはココア味など美味しい味に調整されています。それによって飲みやすくなっているというのはメリットなのですが、美味しくて飲みすぎてしまうようなことがあればデメリットに変わってしまう場合があるのです。

 

サプリメントや栄養機能食品というのは医薬品ではないため、基本的には副作用はないといわれています。しかしだからといって定められている量以上服用してしまうと、子供の体に悪影響を及ぼしてしまったり肥満の原因になることもあります。

 

未成熟で影響を受けやすい子供ですから、大人以上に規定量を遵守することが大切です。

 

 

 

 

まとめ

子供が元気に成長していくためには子ども自身がたくさん食べてたくさん動き、たくさん眠ることが大切です。しかし何よりも子供を支えてあげるお母さんの協力が必要不可欠なのです。

 

一緒に料理をしている母と娘

 

なかなか大変なことではありますが、毎日様々な食材を使い、時には『アスミール』などを活用して必要な栄養素をバランスよく摂らせてあげ、将来を楽しく過ごせるよう健康的な体づくりをサポートしてあげたいものですね。

 

 

 

 

 

子供の成長期に必要な栄養補給と食事・サプリメントガイド TOPへ