任意整理とは、弁護士や司法書士が間に入って債権者と交渉をし、借金の減額をお願いする債務整理の方法です。簡単に言えば借金の減額交渉であり、貸主側にしてみればトンデモナイ交渉ということになります。

ただこの任意整理に応じない場合借主は自己破産する可能性があり、そうなると借金がほぼ全部返ってこないことも珍しくありません。そのため任意整理に応じて一部借金の減額に応じても残りを回収する貸主が多いようです。

任意整理の具体的方法

任意整理は弁護士や司法書士などの専門家があなたに代わって借りているお金の貸主と交渉を行います。弁護士や司法書士はあなたの置かれている現状から返済できる額を計算し、その範囲内に借金を減額できないか交渉します。また現在違法とされているグレーゾーン金利で返済をしていた場合は過払い金が生じている可能性があり、その過払い金で残りの借金の総額を減らす相殺を求めたりすることもあるようです。

後述しますがすべての貸主と交渉する必要は無く、借金の総額が多い貸主や連帯保証人が付いていない貸主とだけ交渉することも可能となっています。

任意整理のメリット

任意整理のメリットとして一番に挙げられるのは、交渉が上手く行くと借金の総額が減るということでしょう。

借金の額が大きすぎて生活に支障をきたしていた場合、任意整理をすることによって生活を立て直すことができ、残りの借金の返済がスムーズにいく可能性があります。

それに場合によっては過払い金が見つかる可能性もあり、その場合は逆にお金が戻ってくることもあるようです。

また任意整理は交渉先をある程度自由に選択することが可能。そのため連帯保証人が付いている借金だけ除外することもできるのです。連帯保証人は友人や家族がなっている場合が多いため、交渉相手を選択することにより、連帯保証人が不利益を被ることを防ぐことができます。

あと交渉自体は弁護士や司法書士が行い、客観的なデータに基づいて交渉していきますから、あなたが減額交渉するより交渉が纏まる可能性が高いこともメリットと言えるでしょう。

交渉を委任することのよって、交渉に時間を取られることがありませんし、家族に知ら得る可能性が低いことも魅力と言えます。

それらに加えて任意整理を始めると交渉窓口が弁護士や司法書士になるので、あなた自身に対する取り立てが止まることに。取り立ての電話で仕事に支障が出ている場合には有りがたいメリットと言えるでしょう。

任意整理のデメリット

任意整理を行ったとしても貸主がそれに応じるとは限りません。

交渉が決裂した場合、取り立てが再開され、借金を取りはぐれないように取り立てを強化してくることもあります。

また金融機関相手に任意整理をした場合、その金融機関は信用情報機関に任意整理した旨を登録するでしょう。この信用情報機関とはいわゆるブラックリストと呼ばれるもので、これに登録されると5年から7年間の間、新規にクレジットカードの作成ができなくなり、ローンも組めなくなってしまいます。これは他の債務整理の方法と同じです。

さらに弁護士や司法書士に交渉を依頼することになりますので、別途費用が掛かります。

交渉した相手1社当たり3万円から5万円が相場のようですので、もし5社と交渉することになったら最低15万円が必要になります。これに加えて任意整理に成功した金額に応じて減額報酬を取る弁護士や司法書士もいますので、事前にいくらになるかしっかりと調べておきましょう。

ただ任意整理のデメリットと呼ばれるのはこれぐらいしかありません。自己破産などに比べたらまだデメリットは少ないと言えます。