債務整理をしたい時、その借金に保証人がいる場合は債務整理をする決心がつきにくいと思います。

保証人に迷惑をかけないためには、任意整理を選べば一切迷惑をかけずに債務整理をすることが可能です。ただし場合によっては、任意整理を選べなくて個人再生や自己破産しか選べないこともあります。

その場合の保証人への影響についても書いていきます。

295a747f0dc6b750e1bd339ae6dc9535_s

債務整理と保証人の関係

保証人とは、あなたが借金を返せない場合あなたに代わって返すことを約束した人を指します。

債務整理は現状借金を完済できないというシグナルでもありますから、あなたが債務整理をした場合、少なからず保証人にも影響があるのです。

債務整理には任意整理、破産、そして個人再生がありますが、どの債務整理の方法を選択するかによって保証人に与える影響も異なります。

任意整理した場合に保証人に与える影響

任意整理とは弁護士や司法書士に債権者との借金減額交渉を依頼して借金を減らす方法です。

どの債権者と減額交渉するかは原則弁護士や司法書士に任せることになりますが、保証人がついている債権に関して減額交渉しないよう頼むことも可能ですから、その場合は保証人には何ら影響はありません。

またあなたと一緒に保証人も任意整理を依頼すれば、保証人が付いている借金を任意整理の対象にしても保証人が支払う必要が無くなる可能性が出てきます。

特定調停した場合に保証人に与える影響

特定調停とは裁判所が間に入って借金の減額などを話し合う方法です。

任意整理と同じく特定の債権者のみを対象にできますので、保証人がついている借金の実を対象外にすることも可能。この場合保証人には影響ありません。

ただし保証人がいる借金を特定調停の対象にし、減額に成功しても、その減額の効果は保証人には及びませんので、保証人は減額される前の金額を支払うように要求される可能性があります。

破産をした場合に保証人に与える影響

破産をした場合、あなた自身は免責を受けて借金の返済から解放されます。

早い話、借金が棒引きされるのです。ただし保証人が貸主と交わした保証契約はあなたの借金とは別の契約になりますので、破産して免責を受けても保証契約自体は有効。

つまり保証人はあなたに代わって借金を返済する義務が生じます。

個人再生をした場合に保証人に与える影響

個人再生は、裁判所に再生計画を提出してそれに基づき無理のない範囲で借金返済を行う方法です。

原則すべての債権が対象になりますので、任意整理と異なり、こちらの都合を裁判所に言うことができません。交渉が成功し借金の額が減少した場合、減った分を保証人が肩代わりしなければいけなくなることも考えられます。

保証人が返済した場合保証人は求償権が与えられます債務整理の結果、保証人があなたの借金を代わって返済した場合、保証人はあなたに対して求償を求める権利を持つことになります。

求償権とはあなたに代わって返済したお金をあなたに請求する保証人の権利です。ただ債務整理をしたあなたに求償権を行使したとしてもお金を取り戻すことはまず不可能。結局保証人がすべても被ることになるでしょう。

配偶者や親が保証人になっている場合はよく考えて

借金する場合、保証人のなり手がいないためあなたの親御さんや奥さんが保証人になっている場合があると思います。

当然債務整理をした場合、保証人であるあなたの親御さんや奥さんにも大きな影響を与えます。確かに債務整理によってあなた自身の借金負担が無くなるかもしれません。

しかし家族単位で考えたら全く借金が減っていないという状態になる可能性もあります。家族が保証人になっている場合は、家族単位で借金がどうなるか計算するようにしないと債務整理を依頼するお金が無駄になってしまいますので注意しましょう。

保証人にはちゃんと話すように

保証人はあなたが借金を返すことを前提で保証人になったはずです。債務整理の結果、場合によっては保証人に迷惑を掛けることになりますので、債務整理をする前に保証人にはその旨知らせるようにしましょう。

もちろん債務整理する前に、保証人に知らせなければならないと法律に規定されている訳ではありません。しかし迷惑を掛ける以上、知らせるのが最低限のマナーです。

どうするかはもちろんあなだ次第ですが、これからも保証人になってくれた方との関係を維持したいのなら知らせるようにしましょう。また前述したように保証人には求償権が与えられますので、できる限り求償するようにしましょう。

債務整理後、自発的に求償するのは禁止されていませんので。

保証人に迷惑をかけないためには任意整理を

保証人に迷惑をかけない債務整理に方法は

  • 特定調停
  • 任意整理

の2つです。ただし、特定調停はメリットが少ない上にデメリットが多いので選ばれることは少ないので、基本的には任意整理が唯一の方法です。自己破産や個人再生ではなく任意整理で収めるには、借金の総額が大きくないことが条件です。総額が多すぎると任意整理で賄えなくなってしまいます。

もう返せなくなってきたと思って消費者金融に手を出し始めると一気に借金は増えます。その前に債務整理の手続きをとりましょう。