債務整理後でもどうしてもお金が必要な時はあります。

結婚式だったり、冠婚葬祭。自動車の修理代など。

貯金があればそれで支払えるのですが、それもできない。でもお金は必要。そんな時に便利なのがカードローンなのですが、一度債務整理をしていると借りれるかどうか不安ですよね。

実は債務整理後でも条件が揃えば、またお金を借りることが可能です。その条件とは

  • 債務整理から5年以上経過していること
  • 債務整理後に滞りなく返済し完済していること
  • 債務整理をしたことのない金融機関

この3つが揃えば、債務整理後でもお金を借りることができます。

審査に不安な方のためのカードローンランキング

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

債務整理後でも借りられる3つの条件

債務整理後でもカードローンを利用したい場合もありますよね。

どうしてもお金が必要な時って人生の中でなんどかはあるものです。

こんなことは言わなくてもわかっているとは思うのですが、なんども繰り返し借るのはおすすめできません。ちゃんと返済できる額だけを借りるようにしましょう。

債務整理から5年以上経過していること

債務整理後にカードローンだけでなく、クレジットカードを作ったり、自動車ローンを組んだり、そういった場合は債務整理完了後から5年たっていることが一つの条件になります。

信用機関(JIC・CIC・CICC)という機関があなたのお金の貸し借りの情報を管理していて、債務整理をしたり過度の滞納をすると信用情報に傷がつく。「この人は以前にちゃんとお金を返さなかった人ですよ」という情報を保存しています。

これは俗にブラックリストと呼ばれていますがはその情報の保管期限が5年間と決まっています。要するに「あなたが債務整理をした」という記録は5年経てば公式に消えるということです。

言い換えると債務整理から5年経てば、ブラックリストからあなたの名前は消されるということになります。

だから5年経たないとだめなんですね。

債務整理をしたことのない金融機関

そして5年経とうが、ブラックリストから消えようが、一度債務整理をするといつまでも借りれない会社もあります。

それはあなたが債務整理をした時に、借金があった会社です。

以前お金を借りていて、ちゃんと返さなかった(債務整理をしたので)会社は一生お金を貸してくれないということです。

まぁよく考えてみればそりゃそうですよね。以前にお金を貸していて、法的に合法だったといえても一度返してくれなかった人にお金を貸す人はいません。

でも、信用情報からは消えるんじゃないの?って思いますが、実際に信用情報から間違いなくあなたの金融事故情報は消えます。

でもブラックリストはそういう公的にされているものだけではなく、金融機関それぞれ独自でもリストを作っているわけですね。その独自リストには期限はありません。

だから債務整理をした時にお金を借りていた会社からは、二度とお金を借りることはできません。

債務整理後に審査をしてもらうのであれば、債務整理をしたことのない会社にしましょう。

債務整理後に滞りなく返済し完済していること

債務整理後、返済機関にたいして滞りなく返していけたでしょうか?

多少の遅れなら大丈夫なのですが、1ヶ月以上返済が遅れるとその時点でさらに信用情報に傷がつくことになります。

ですので、その遅れたタイミングから5年間経たないと事故情報が消えません。

ただ遅れたといってもすぐに事故履歴が残るかというと実際のところその金融機関次第です。その金融機関が金融事故があったとして信用機関に報告しないかぎり大丈夫なんですよね。

実際事故情報かどうかを調べる方法は信用機関に情報開示をしてもらう方法がありますが、申請するのに結構お金も必要なので、実際に審査をしてしまったほうが早いと思います。

↓債務整理後で審査が不安な方のためのカードローンがのっているページです
審査に不安な方のためのカードローンランキング

審査をしてみないことにはわからないので、まず審査をしてみましょう。