債務整理を弁護士に依頼する場合、どういった点に注意して弁護士を選べば良いのでしょうか?

一見すると、どの弁護士に依頼をしても結果は同じように感じられますが、実際にはそんなことはありません。特に債務整理という手続きは、一般の方からすれば大変な手続きですが、弁護士からすれば複雑な法的知識が必要になることも少ないため、ぞんざいに扱われてしまうこともあるのです。悪質な場合、手続きを後回しにされてしまうなんてこともありますので、弁護士選びは慎重に行う必要があります。

また、こういった対応をする弁護士というのは、相談中にある程度は見抜くことも可能となっているため、下記を参考にし、良い弁護士に相談ができるように知識を蓄えておきましょう。

また、悪質な弁護士に当たってしまった場合の対応についても下記にてご紹介します。

3e37d58927bd993b41738a2ae600eaef_s

良い弁護士を見抜くには相談時から

実際に債務整理を依頼した後となっては、途中で弁護士を変えようと思ったとしても、着手金として費用を請求されてしまうこともあります。手続き自体は中途半端なままなのに、弁護士が着手したことには変わりはないため、その分の費用が請求されてしまうのです。よって、良い弁護士を選びたいのであれば、相談時から弁護士を注意して見ておく必要があるのです。

また、依頼後に弁護士を変えることによって、弁護士同士のつながりによる情報交換から、あの依頼者は早々に依頼をキャンセルするといった噂が立ち、その地域の他の弁護士に依頼しにくくなることもあるため、本当に任せられると感じた弁護士にのみ依頼をするようにしてください。

説明を嫌がる弁護士には要注意

弁護士との相談中、専門的な言葉が飛び交うこともあります。弁護士も依頼者がどこまで知識を持っているかわかりませんし、すべての言葉をその都度、説明してくれることはありません。とはいえ、わからないことがあれば聞くのが基本です。

わからないまま相談をしていても、なんの解決にもならないことがあるため、わからないことは必ず尋ねるようにしてください。そこで快く説明をしてくれる弁護士であれば良いのですが、説明を煙たがるような弁護士には要注意と言えるでしょう。

特に、「いいから、任せておけば大丈夫だから」といったように、強引に納得させてしまうような弁護士は良い弁護士とは言えません。

一般の方からすれば債務整理は難しい手続きです。それを理解していない弁護士は、その後の手続きについても雑に行うことがあるため、こういった弁護士には依頼しないほうが良いでしょう。

事務所での対応にも目を配る

現在、弁護士への相談窓口は数多くありますが、弁護士の事務所に直接足を運ぶ場合は、その事務所での対応についても目を配るようにしてください。

たとえば、弁護士に相談をしにきたはずなのに、対応をしているのが法律事務職員であるような場合は要注意です。というのも、確かに債務整理という手続きは、事務所によって法律に精通した事務職員(パラリーガルといいます)に担当させることもあり、実際に事務職員が手続きのサポートを行うのはめずらしいことではありません。

しかし、相談時には(特に方針を決める初回相談時には)弁護士の立ち会いが原則となっています。よって、依頼をするまでに一度も弁護士と対面をしていないといった場合、その後の対応もずさんな事務所である可能性が非常に高いため、こういった事務所には依頼をしないほうが良いと言えます。

依頼後におかしな点に気付いた場合

では、弁護士への依頼後におかしな点に気付いてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

たとえば、報酬などの取り決めをした契約書が一切ない、貸金業者とのやり取りの過程をまったく説明してくれない、いくら電話をしても弁護士に繋がらない・かけ直してこない、承諾していないのに勝手に手続きを進めてしまう、といった場合は非常に注意が必要と言えます。

上記のような場合は、その弁護士が所属している地域の弁護士会に相談をするようにしましょう。事情を説明すれば弁護士会から警告を出してもらえる場合もありますし、弁護士解任時に着手金と言った費用を請求されないように手配してくれることもあります。

また、すでに支払ってしまった費用についても、事情によっては返金可能な場合もありますので、必ず弁護士会に相談してみてください。

懲戒請求は他の弁護士に相談を

それでもきちんとした対応をしてくれない場合は、懲戒請求も視野にいれましょう。ただし、弁護士の懲戒請求は誰にでも可能な手続きである半面、理由のない請求にあたると判断されてしまった場合、逆に損害賠償請求を受ける危険もあります。

よって、弁護士の懲戒請求までを検討している場合は、他の弁護士(可能であれば別の地域の弁護士)に相談をし、正当な事由があるかどうかを評価してもらってから、懲戒請求を実行に移すようにしてください。