借金を返せなくて滞納し続けて、給料が差し押さえになったら困りませんか?

給料のすべてが差し押さえされるわけではないので生活が全くできなくなるわけではないのですが、やはり給料が減ってしまうとかなり困るのではないでしょうか?

差し押さえをされると実際にはどうなるのか。

そしてその対処方法についてお話します。

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s

差し押さえは給料から1/4引かれる

貸金業者が差し押さえする権利をえると、まず給料から差し押さえをされます。

ただ給料の全額が差し押さえされるわけではなく、給料の1/4を会社が差し引いて残りをあなたに給料として渡します。そしてその1/4を貸金業者に会社が内部に支払います。

例えばあなたの給料が30万円なら75000円が差し引かれて、225000円が給料としてもらえるということですね。

そして気をつけないといけないのが、給料が44万円以上の場合は33万円を超えた金額のすべてを差し押さえされることになります。

会社にも知られることになる

裁判所から会社宛に差し押さえ命令の通知がきます。当然あなたが差し押さえにあったことは会社に知られてしまいますので、できればその前の時点で阻止したいものです。

銀行口座の差し押さえ

ほとんどが給料の差し押さえのみで終わる業者が多いのですが、場合によっては銀行講座の差し押さえもしてきます。口座の差し押さえをされると、その中に入っているお金を引き出すことができなくなります。

その後は基本的に返済がすべて終わるまで、解除されることはありません。

差し押さえをされる前に動きましょう

差し押さえをされてしまうと、解除が難しいのです。不可能ではありませんが、解除するまで数ヶ月間の時間が必要になってきます。その間、給料が3/4で生活できますか?できるならいいのですが、できないのなら差し押さえがされる前動きましょう。

差し押さえされる前には、必ず差し押さえ予告が届きます。差し押さえ予告には“今すぐ全額一括返済をしてください。できなければ差し押さえをします”といった内容です。実際にはもっと固い文章ですが。

この予告がきたらあなたにとってできることは

  • 全額返済
  • 分割返済を頼み込む

の2つです。

一番早い解決方法が全額一括返済です。一括返済できるお金があればいいのですが、基本的には一括返済ができるぐらいなら返済していると思います。

では一括返済ができなければ分割返済を頼み込むしかありませんが、まともに話を聞いてもらえることはないと思っておいた方がいいでしょう。なぜならあなたから分割返済の約束をもらわなくても給料から天引きができる状態なので、業者は困っていません。今まで返さなかったあなたのことを信頼してくれる可能性は少ないのです。

万が一、分割返済に応じてくれたとしても返済を放置していた場合は、遅延損害金といって本来の利息より高利率で利息をとることが可能なので予想以上に毎月の返済が高額になってしまいます。

差し押さえはどうやって解除するのか

差し押さえをされたらどうやって解除したらいいのかというと、

  • 全額返済する
  • 弁護士に止めてもらう

のどちらかしかありません。全額返済は不可能な場合は弁護士に止めてもらうしか方法はありません。

弁護士に相談をして差し押さえの停止をお願いすると、弁護士の名前で各貸金業者に通知を送り差し押さえを一時的に止めることができます。

ただし借金の返済から逃げられるわけではなくて、自己破産しない限りあくまでも返済はしていかなければなりません。

今まで通りに返済をするといってもそれは難しいでしょう。そんな時に利用できるのが債務整理という方法です。

債務整理といって弁護士を通して借金返済について話し合い、借金を減額してもらうこともできますし、債務整理はあなたが確実に返済できる返済プランを立てるので、無理な返済金額になることは絶対にありません。

例えばあなたが月に2万円しか支払えないのであれば、月2万円で返済できるように調整をしていきます。債務整理後は利息を0になることがほとんどです。

債務整理のデメリット

債務整理をした場合には

  • 5年間は新しい借り入れができなくなる
  • 費用がかかる

などのデメリットがあります。

5年間は新しい借り入れができなくなる

5年間新しい借り入れができなくなるのは、銀行が審査のときに利用する信用情報というものにあなたが債務整理をしたことが記録されるためです。信用情報の保管期限は5年間だから、あなたの債務整理をした記録が5年間残るため新しく借り入れをしようとしたときに審査に通らないのが原因です。

ただ審査に通らないのは現状でも同じです。あなたはすでに3ヶ月以上の滞納をしているので、すでにブラックリストにのっており、借金の審査は通りません。

この記録も5年間残ることになりますし、その滞納している借り入れを完済したあとの5年後になりますので、実際には債務整理をしなければもっと長期間で借り入れをすることができなくなっています。

たしかにデメリットではありますが、すでに同じ状況にもなっているので今さら気にすることでもありません。

費用がかかる

債務整理をしようとすると費用がかかります。弁護士にお願いした場合の弁護士費用です。

あなたの借金がどのくらいあって、どのくらいの支払い能力があるかによっても変わりますが、3万円から高くて50万円ほどの費用がかかります。借金があって返せないから滞納をしているのに債務整理をするのにそんなに高い金額なんて支払えないと思うかもしれませんが、実際には弁護士に債務整理を依頼すれば数ヶ月から1年間は支払いをしなくてよくなります。

毎月返済していた金額の一部を、弁護士費用に回すことで十分に支払っていくことは可能です。

債務整理の手続きは自分ですることも可能

債務整理は自分ですることもできます。

基本的にはオススメをしません。債務整理をすれば最初は貸金業者との交渉をすることになります。そのときに過払い利息を考えての借金の引き直し計算や法律の知識も必要になります。

過払い金という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、こちらから計算をして請求しない限り戻ってきません。もしもあなたの借金に過払い金があれば、それだけでも損をすることになってしまいます。

そして弁護士には借金を減額できるように交渉するようなノウハウも持っているので、自分で交渉するよりも大幅に減額されることもあり、むしろ弁護士に依頼したほうが総額では安くなることもあります。

どこに相談をするのかを迷ったら街角法律相談所を利用しましょう

債務整理をしようと思った時、弁護士事務所って私たち普通の人にとって非常に敷居が高く感じてしまいがちです。

  • 弁護士って相談するだけでもお金がいるんでしょ?
  • 弁護士費用ってたかそう
  • どこの弁護士事務所がいいんだろう

など、知らないことがいっぱいあって相談しづらい。

実は債務整理の相談費用って、何回相談しても無料の場合がほとんどです。

そんな時におすすめなのが街角法律相談所です。

街角法律相談所では、ウェブ上のサービスであなたの借金の状況を入力するだけで、あなたに最適な弁護士事務所を紹介してくれます。それに加えて

  • 実際に債務整理をするとどのくらい毎月の返済額が減るのか
  • あなたにとって最適な借金の解決法はどれか
  • その減額方法とはどういったものか

をメールで教えてくれます。しかも無料・匿名で大丈夫です。

法律の専門家に相談というと、私でもどうしても二の足を踏んでしまいますが、メールでの相談であれば気軽に相談できますね。

こんな人にはおすすめしません

街角法律相談所は債務整理をするかどうしようか悩んでいる人には便利なのですが、まだ全然借金を返せるんだけどもう借金から逃げたいといった場合にはおすすめできません。

なぜかと言うと、積極的にいろんなことを教えてくれて、弁護士事務所も勧めてくれるので、まだ興味だけの人にとってはめんどくさく感じてしまうからです。それならこのサイトでいろんな情報が載っているのでもう少し理解してからでもおそくはありません。

もう返せないかもしれない人は急いで

  • 今月の支払いがどう考えても支払うことができない。
  • 今月はなんとかなるけど来月の支払いできる見込みがない
  • すでに返す為の借金を繰り返している

こういった人は急いだ方がいい。借金を返すためにはもうどこかで借りて返していくしかないので、雪だるま式に借金は増えていきます。

借金が大きければ大きいほど、債務整理のデメリットは大きくなっていきます。

そしてメールでの相談なので、まだ債務整理するかどうかを決めていない人でも、話を聞いてみてやっぱり債務整理はせず自分で返していくという決めた場合でも断りやすいので、悩んでいるならまず相談してみてください。

↓借金減額シュミレーターでどのくらい減額できるか計算してみる↓