自己破産とは、裁判所から免責を貰って債権債務関係を清算すること言います。簡単に言えば、裁判所の力で今ある借金をほぼ帳消しにしてくれるということです。

借金を返済することなく帳消しにできますので、借主からすれば良い制度に見えるかもしれません。

ただしデメリットも当然ありますので、この自己破産の制度を使うかどうかは慎重に判断しましょう。

自己破産が出来る条件

自己破産は無条件で認められるわけではありません。少なくとも支払い不能であることが必要です。この支払い不能かどうかは裁判所が総合的に判断します。

また借金をした理由が浪費であると自己破産できないことになっているようです。

ただしギャンブルやパチンコで借金を作った場合でも、例外的に自己破産が認められた例があるようですので、ギャンブルやパチンコが原因で自己破産を考えているのなら事前に専門家に相談してみましょう。

自己破産の手順

最初に自己破産の申立書を作成します。そしてその申立書を裁判所に提出し、審尋を受けて問題無い場合は免責決定が下ります。個人の場合はこの手順で進みますが、例外的に大きな財産などがある場合は裁判所が破産管財人を選出して手続きが終了するまで時間が掛かります。

自己破産の手続きはあなた自身だけで行うこともできますが、申立書の作成などは法律に熟知していないと手が負えないシロモノですので、通常は弁護士か司法書士に依頼することになります。

自己破産にかかる費用

借金が返せないので自己破産するのですけど、自己破産するにもお金が掛かります。

まず裁判所に提出する書類関係や予納金が合わせて5万円前後、そして書類作成や手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合、30万円程度は掛かると思っておいてください。

すぐにお金用意できない方もおられると思いますが、分割で引き受ける弁護士や司法書士も増えていますので、依頼料等に関しては弁護士や司法書士に相談してみましょう。

自己破産のメリット

自己破産をすれば借金がほぼ帳消しになるので、生活の立て直しを計れます。借金が無くなりますのでもう取り立てに覚える必要もありません。

また財産のほとんどを失うことになりますが、最低限生活に必要なものは残すことができますので、生活する分にはすぐに困るということも無いでしょう。

自己破産のデメリット

自己破産は借金を帳消しにしてくれる代わりに大きな代償をはらうことになります。

まず自己破産をした場合、その情報が信用情報機関のデータベース、いわゆるブラックリストに記載されることになります。そして記載された結果5年から7年程度は新規でクレジットカードの作成ができませんし、ローンを組むこともできません。

次にあなたがマイホームなどの不動産を所有していた場合は、その不動産は競売などで現金化されてお金を貸していた人に分配されます。

前述したように最低限生活に必要なものは残されますが、高額なもの(価値が概ね20万円以上の物)はほとんど失うことになると覚悟しておいてください。

またあなたが自己破産した結果、あなたが返済しなければいけなかった借金を連帯保証人が代わって返済することになり、連帯保証人に多大な迷惑をかけてしまうことになります。

あと借金はほぼ無くなりますが、税金だけは対象外となっています。税金を納めるのが国民の義務ですので、自己破産した後しっかり支払う方にしましょう。

自己破産についてすべて自分でするのなら実費しかかかりませんが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する場合、前述したように30万円前後かかります。

自己破産する前にこのお金を一括で支払えない場合は、当然自己破産した後分割で支払わなければいけません。このように金銭的な負担があるのもデメリットと言えるでしょう。