過払い金ってなに?

なんで借金をしていたのに、お金が返ってくるの?

どうせ私は関係ないんでしょ?

って思ってませんか?実は2010年以前にお金を借りていた人のほとんどの人が多かれ少なかれ過払い金が返ってくるものです。

なぜ返ってくるかというと、貸金業者が法律を違反していたから。借金の返済額を全部返してもらうことはできませんが、その法律違反の分だけは返してもらうことができるのです。

6018d0a86ea60972ab7aee1ec47e4759_s

過払い金とは、払いすぎた利息のことを言います

以前出資法と利息制限法の上限金利に差があり、利息制限法を適用すれば年20%以上の金利は違法となるのに(利息制限法1条)、出資法上は29,2%を超えないと刑事処罰の対象にならないとされていました(旧出資法5条2項)。

また利息制限法では違法な金利でも、一定の条件を満たし、借主も金利に納得しているのならば違法でないとする「みなし弁済」という制度が当時存在していたことも過払い金が野放しになっていた理由です(旧貸金業法43条)

簡単に言うと、法律で「年20%までしか利息をとってはいけませんよ」となっているけど、29,2%以上の利息をつけなければ法律にふれても罰則はなかった状態だったんです。

だから過払い金返還請求訴訟は昔からあったのですが、訴えても過払い金を取り戻せないということが続いていました。

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは、出資法の上限金利(29.2%)と利息制限法(20%)の上限金利の間の金利のことで、黒でも無く白でも無い曖昧な状態という意味からグレーゾーン金利と呼ぶようになったそうです。

法律には違反しているけど違反していない。

だから国もずっと罰することはなかったんです。それが以前は当たり前でした。

最高裁判決でみなし弁済が否定されて流れが変わる

2006年に最高裁はみなし弁済についてグレーゾーン金利を否定する判決を出したのです。かなり簡単にすると「グレーゾーン金利は違法であって、取りすぎた利息を返しなさい」という判決です。

基本的に過払い金請求の裁判は地方裁判所で行うのですが、地方裁判所での判決は最高裁判所が過去に出した判決にしたがって判断することになっています。

だから最高裁判所で「グレーゾーンはだめ。お金とりすぎだから返しなさい」となれば、地方裁判所でも同じ判決が出るようになります。

ようするに2010年以前に借金していた人は全員が多かれ少なかれお金が返ってくるということになりました。

それから各地で過払い金返還請求がされるようになって、電車の中吊り広告やCMでも過払い金請求をみるようになったんですね。

過払い金の簡単な仕組み

過払い金というのは、グレーゾーン金利で発生した取りすぎた利息です。

28%と金利差である28%-18%=10%がグレーゾーン金利となるのです。

例えば50万円借りておりそれを1年で返済したことにすると金利が28%だとすると、全部で64万円返済していることになります(1か月あたり53300円の返済)。

しかし利息制限法だと10万円以上50万円未満の場合金利は年18%までしか取ってはいけませんので、法律上 正しい返済額は59万円となります。

ようするに、本来の金利で50万円を1年で返済をすると59万円で完済できるのに、昔は64万円もとっていたということになります。だから差額の5万円を多く利息をとっていたということですね。

これはかなり単純化していますが、実際はもっと複雑な場合が多いので素人には計算するだけでも大変だと思います。ここは専門家である弁護士や司法書士に計算してもらうのが良いかもしれませんね。

↓過払い金の計算はこちらでできます。

街角法律相談所無料シュミレーター

現状過払い金はどうなっている?

最高裁判決を受けて、貸金業法43条のみなし弁済の規定は廃止されました。また出資法5条2項も改正され、出資法上も上限金利が20%となり、利息制限法の上限金利と同一になりました。

その結果、グレーゾーン金利も無くなり、それ以降は過払い金が発生しなくなっております。

だから現在、過払い金を請求をして帰って来る可能性があるのは5年以上前に借金をしていた人たちで、もちろんすでに借金を完済していたとしても発生する可能性は十分にあります。