過払い金を請求するとブラックになると言われています。

でもブラックにならないなら過払い金請求をしてみたいと考えている人のために書きました。

実際には過払い金の請求でブラックになる場合とならない場合があります。その分かれ目は、過払い金の請求をしたあとに借金が残るかどうかで変わります。

過払い金を請求した会社に借金が残るのであればブラックになりますし、完済している場合はブラックになることはありません。現在借金があったとしても、過払い金で借金がなくなればブラックになることはないのです。

2d72f488e86c28905da00dcab8974d87_s

過払い金請求でブラックになるのか

過払い金請求をした時に、ブラックになると言われています。でもそれは嘘で、過払い金請求すると絶対に金融ブラックになるかというとそういうわけではありません。

過払い金請求をしたらブラックになるパターン

過払い金請求をしてブラックになるパターンは、過払い金が戻ってきたあとに借金がまだ残る場合です。

例えば過払い金を請求する予定の借り入れ先から150万円の借り入れがあったとします。そこで過払い金を請求すると100万円返ってくるとしましょう。

この場合150万円-100万円=50万円なので、借り入れが残ってしまいます。そうなった場合に「じゃああとの金額は通常どうり返す」ということができなくて、任意整理という方法をとって金利カットをして返していく形になります。だからブラックになる。

過払い金請求をしてもブラックにならないパターン

過払い金請求をしてブラックにならないパターンは2つあって

  • すでに完済すみの借り入れに過払い金請求をする場合
  • 過払い金で借り入れがなくなってお金が帰ってくる場合

の2種類です。

この2つの場合の共通点は、請求後に借り入れがないことです。請求後の借り入れの残額がなければ過払い金請求をしてもブラックにはならないのです。

残額が残っているとブラックになる理由

過払い金の残額が残っているとなぜブラックになるかというと、債務整理をする形になるからです。債務整理とは借金が多すぎて返せない場合の解決法のことで、貸金業者と話し合いをして金利をカットしてもらったり借り入れを減額して返していくことです。

残額が0になる過払い金請求の場合は債務整理にはならず、ただ借金がなくなるだけなのでブラックにはならないのですが、残額が残る場合は債務整理になってしまいます。

債務整理をするとブラックになってしまうので、残額が残る場合はブラックになることを避けられないのです。

では、あなたの場合は過払い金を請求した時に残額が残るかどうかを確かめる方法はどうすればいいでしょうか。

過払い金で借り入れがなくなるかどうかを確かめる方法

ブラックにならないなら過払い金請求をしたいという場合でも、請求後に借り入れが残るかどうかを確かめたい場合があると思います。

借り入れが残らなければ過払い金請求をしてもブラックにはならないので、デメリットは一切なくなりますからね。もともと過払い金というのは法律的に支払わなくていい利息なのに不法に取られていたものを、法律のもとで返してもらうものなのでデメリットがないのであればちゃんと返してもらいましょう。

ちなみに過払い金を計算して、あなたの借金が0になるかどうかを確かめる方法は

  • 簡易的なシミュレーターを使う
  • 専門家の無料相談を利用する

とう2通りの方法があります。

簡易的なシミュレータを使う

ネット上に過払い金や債務整理の無料シミュレーターがあります。

ただこの場合は、電話番号とメールアドレスを入れる必要があるのがデメリット。実際に電話営業などが来ることはありませんがメールアドレスには診断の結果と営業メールは来ます。

でも無料で使えるので、使ってみてください。

ただしシミュレータの場合は正確な計算ではないので、本気で考えている方であれば専門家の無料相談がいいと思います。

専門家の無料相談を利用する

専門家の無料相談とは、法律事務所の無料相談ですね。

事務所とのメールのやりとりが少しだけありますのでちょっとめんどくさいですが、無料でできますし正確な金額が知れるのでおすすめです。

法律事務所というと着手金や相談料で数万円取られるといったことを想像しますが、過払い金の請求は法律事務所にとってほぼ確実に報酬をもらえる美味しい仕事なのです。だから相談料が無料の事務所はたくさんありますし、相談して過払い金が戻ってくるかだけ聞いてやめることもできます。