仕事をしていない主婦が債務整理をする場合、旦那さんに内緒で話を進めたい方も多いと思います。

基本的には家族に協力してもらった方がいいのですが、重い話題ですし打ち明けられない理由もあるでしょう。

そんな方のために家族に内緒で債務整理する方法をお教えします。

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

家族で内緒で債務整理をすることはできます

家族に内緒で債務整理するには任意整理という債務整理の方法を選べば内緒で話を進めることができます。

債務整理をしたとしても、賃金業者から電話がかかってくることはありませんし裁判所から電話がかかってくることもありません。弁護士事務所にお願いをすれば、書類や電話のやりとりは全て法律事務所がしてくれるからです。

債務整理をするときに家族に内緒にできない理由は、

  • ご主人の給料を証明する書類が必要な場合
  • 家に電話がかかってきたり、郵便物の内容を見られたとき

の2つです。

この2種類以外では、あなたが言わない限り誰にも知らされることはありません。

ではこの2つのことを避けるためにはどうすればいいのか。

それぞれ書いていきます。

旦那さんの給料を証明する書類が必要な場合を避けるには

旦那さんの書類が必要な場合は限られています。

それは裁判所を通して債務整理をする場合ですね。

債務整理には

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

の3種類の方法があって、個人再生や自己破産の方法は裁判所を通す手続きですので家族に内緒にすることは難しいです。その点、任意整理では直接賃金業者と話しあって解決をするため家族の書類は必要ではありません

だから任意整理を使えば、家族の書類は必要なく旦那さんにも内緒で債務整理をすることが可能です

家に電話がかかってきたり郵便物の内容を見られないようにするには

弁護士にお願いすれば裁判所や賃金業者からの連絡は弁護士にいきます。だから債務整理をしても裁判所や賃金業者から家に電話がかかってくることはありません。

ただ、弁護士事務所からは債務整理を進めるための書類のやりとりも必要になってきます。

そこからバレるのを防ぐためには、ご主人に内緒で手続きすることを協力してくれる法律事務所に相談することで解決できます。

電話も携帯にかけてきてくれて時間帯も指定できたり、郵便物も家に直接届かずに郵便局まで取りに行って受け取りできるようにもできます。

だから家族に内緒で債務整理をするためには、内緒で債務整理をする事に協力的な法律事務所を選びましょう

内緒で債務整理をする条件は2つ

  • 任意整理という方法を選ぶこと
  • 協力的な弁護士事務所を選ぶことです

この2つを守れば、家族に内緒で債務整理をすることが可能です。

債務整理後はどうなるか

債務整理後の生活も気になる所ですよね。

一般的な内容は債務整理後の生活について実体験を踏まえてお話しますに書いていますが、それに加えて主婦が債務整理する時の心配事はどうなるのか。

主婦が債務整理をした時に心配になるのが

  • 旦那さんに影響が出るの?
  • 子供への影響が出るの?
  • 日常生活での負担は?

という所だと思います。

旦那さんに影響が出るの?

旦那さんへの影響はほとんどありません。

特に気になるのは、未来に組むかもしれないご主人名義のローンだと思いますが、ここにあなたの債務整理の影響はありません。なぜならご主人名義のローンを組む時はあくまでご主人の信用が問われます。

あなたの信用や過去については調べませんし、法律的にしらべることはできません。

保証人になる場合について

まず基本的にあなたがご主人の名義のローンの保証人になることはできません。(家計が同じであれば保証人になれないからです)

そして万が一保証人になれたとしても、あなたが債務整理をしたことがご主人にばれることもありません。

なぜならばローンの審査で落ちた理由を本人に伝えることはないからです。本人が聞いたとしてもです。

“総合的な判断で・・・”としかローン会社は言いません。

以上のことから、ご主人への影響はありませんし、それが原因であなたの債務整理がばれてしまうこともありません。

子供への影響が出るの?

債務整理をしても子供には迷惑をかけたくないというのが、親心ですよね。

ただ子供への影響はありませんので安心してください

子供が将来ローンを組むことになっても、あなたの過去の債務整理は関係ありません。子供の名義のローンはあくまで子供のローンなので、あなたの過去は関係ありませんし法律的にしらべることもできません。

そして子供のローンの保証人になる場合にも、債務整理から5年たっていれば問題ありません。あなたが債務整理をしたという記録は5年で消えてしまうからです。

もう一つ心配なのが、あなたの債務整理が子供の友人に広まり子供がいじめられてしまうのではないかという心配もよく聞きます。

これもあなたが誰かに言わない限りばれることもありませんのでその心配もありません。

日常生活での負担は?

日常生活での負担は少しだけあります。

  • 5年間はあなた名義のローンが組めなくなる
  • 3年間は毎月少額の返済が残ること

債務整理のブラックリストの期間と意外に少ないデメリットにも書いてあるように、債務整理をするとブラックリストに載ります。

その期間は5年間ですので、5年間はあなた名義のローンを組むことはできなくなります。

そして債務整理のことを伝えていないために、ご主人などに言われてどうしてもあなた名義でローンを組むことになった場合でも、ただ審査が通らないというだけでそれが原因で債務整理がばれてしまうこともありません。

そして、任意整理は自己破産と違い借金の返済がなくなるわけではありませんので、返済額は今よりかなり減ることになりますが毎月の返済はしていかなければなりません。

任意整理をするには、できるだけ早く相談をしましょう

任意整理は、家族に内緒で債務整理をするための唯一の方法ですが、借金の額が大きすぎると任意整理できない場合があります。

任意整理とは借金の金利と総額を減らしてもらって3年間かけて返していく方法です。

借金の総額が多きく3年で返すことできないのであれば任意整理を選ぶことができません。

個人再生や自己破産を選ぶしかなくなります。そうなれば、ご主人の協力が必要になりますので家族にばれてしまいます。

あなたは借金の返済に借金をしている状態ではないですか?

もしそうだとしたら借金は膨れていくばかりで、金額が大きくなれば任意整理ができなくなる可能性もあります。

借金を滞納すれば家族にばれてしまう

このままギリギリで返済を続けていれば、いつか返済できずに滞納する日がきます。

滞納をすれば、登録した全ての電話番号に電話がかかってくる場合がありますし、督促の手紙も届くようになります。そうなれば、家族にばれてしまうでしょう。

ちなみに滞納してしまってから法律事務所に相談をしても、電話や郵便物を止めるためには数日間はかかります。

その間に督促が来てしまいばれる可能性もあります。

そして今まで滞納していて他の所に連絡がないからといって安心している人は安心しないでください。

数ヶ月連続で滞納し続ければ、ご主人の携帯などに連絡がくることもあります。

ご主人や会社に連絡が行かないようにするには、弁護士にお願いするしかありません。

家族に内緒でするのなら法律事務所選びが重要

家族に内緒にするのなら、法律事務所選びが非常に重要になります。

内緒で債務整理をすることに協力的な法律事務所を選ばないと、うっかりミスで家族にばれてしまうということもあります。

弁護士費用で選ぶことはやめておいた方がいいでしょう。

少し高くても債務整理の手続きをすれば支払いが数ヶ月感は止まりますので、今の毎月の返済を弁護士費用に回せば十分に支払っていくことも可能です。

別ページでおすすめの法律事務所について書きましたのでご覧ください。

債務整理でおすすめの3つの法律事務所