ブラックリストにのると、人生が終わるかのように思っていませんか?

もちろんブラックリストにのることはデメリットですが、メリットさえあると思っています。

それは借金ができないことによって、強制的に借金をしない生活ができることです。

そしてブラックリストの期間は5年間だけです。

しかもブラックリストにのることのデメリットは意外にも少ないのです。

ブラックリストにのることがネックになって債務整理を悩んでいるのなら、傷が浅いうちに債務整理をするべきです。

7da1d4409cef42e8b8533fcde23cca3b_s

ブラックリストにのるデメリット

ブラックリストにのることのデメリットは

  • 5年間借金やローンが組めないこと

唯一この一つだけです。

日常生活は普通に遅れるのです。

会社をやめる必要はありませんし、実家の両親も債務整理をしていることは知りません。

近所さんにもバレることはないですし、子供がそれによっていじめられることもありません。

子供が将来大きくなって、ローンなどを組むときにも影響はありません。

しかも、あなた自身がローンを組めないのも5年間のみで、その後は住宅ローンでさえ組むことが可能です。

ブラックリストにのるデメリットは思っているより、少ないと思いませんか?

ブラックリストの期間

ブラックリストにのる期間は5年間です。

信用情報といってあなたのローンや借金の履歴が載っている情報というものがあるのですが、その信用情報の保管期限は5年間のみです。

だからあなたのブラックリストは5年間で無くなって一切だれからも調べることができなくなります。

一生残る自社ブラック

さきほどの信用情報とは別に、一生消えることのない自社ブラックというものがあります。

これは銀行や賃金業者が共有するブラックリストとは別の、その会社が独自で持っているリストです。

例えばあなたが今債務整理をするとします。

あなたがお金を借りている会社は、信用情報であなたの名前をブラックにするとともに、その会社独自のブラックリストにもあなたの名前を載せます。

その保管期限については会社によって様々ですが、基本的には自社ブラックの保管期限はなく、一生残るものと思って間違いありません。

だからあなたの名前がブラックリストから消えたとしても、あなたが今借金をしている会社ではに度と借りることができない可能性があります。

ローンを組んでくれる銀行などはいくらでもあるので問題はありませんが、同じ会社では何度やっても審査に通らないと思っていてください。

ブラックリストのメリット

ブラックリストのメリットというとおかしな表現ですが、実際私はメリットがあると思っています。

  • 強制的に借金ができなくなるので、借金のない生活になれること

がブラックリストのメリットです。

債務整理をすれば月々の返済を抑えられるので、毎月の生活でお金が足りなくなることはありません。

債務整理後の生活はあなたが思っているより豊かです。

ブラックリストにのることは、借金のない生活に慣れていくチャンスなのです。

借金に追われている生活をしているあなたは、もう借金なんてしたくないと後悔しているはずですから。

債務整理は泥沼になる前にお早めに

債務整理を迷っている間にどんどんあなたの状況は悪化していきます。

返すために借りている状態は、もうどうにかできるレベルではないことに気づいてください

自社ブラックがあるので、あなたが現在お金を借りている会社が増えれば増えるほど、将来お金を借りられる会社が減っていきます。そうやって、借金の会社が増えれば増えるほど将来あなたの首を絞めることになりますし、債務整理の費用もどんどん増えていきます。

債務整理をしても自動車や住宅などの財産を残すことは可能ですし、普通の日常生活を送ることができます。

今の生活より間違いなく好転します。

私は債務整理をして本当によかったとおもっています。

債務整理に強い法律事務所に相談を。相談だけでも無料ですし、相談だけならまだ引き返せます。

今のあなたの状況がどういう状況なのか客観的に判断してもらってください。