債務整理の種類は3種類あります。

その3種類とは

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

の3種類です。債務整理をする人の状況によって、この3つの方法の中から最適な方法を選ぶのです。

この3種類の違いと、どういう使い分けをするのかについて書きます。

60b4ba5e8cc2cbe00fe1750ae4d60a63_s

債務整理のそれぞれの特徴

先ほど書いた通り債務整理には

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

の4種類の方法があります。

それぞれに特徴があって、あなたの借金の状況と返済能力によって、最適な債務整理の種類が変わります。

特定調停

特定調停とは裁判所の調停手続きを利用して多重債務を解決する方法です。

借金の解決をできるのは間違いないのですが、任意整理や個人再生と比べてメリットも少ないため特定調停を使った解決法をとることはあまりありません。

任意整理

任意整理は裁判所を利用せず、貸金業者と直接交渉をして借金の減額してさらに金利をカットした上で3年〜5年かけて返済していく方法です。この方法であれば、

  • 毎月の返済額が大幅に下がる
  • クレジットカードを残すことが可能
  • ローン返済中の自動車や家を残して解決が可能
  • 保証人に請求がいかないように解決することが可能
  • 家族にも内緒で債務整理することが可能

というメリットがあります。

ただしデメリットは、借金の大きな減額は期待できないということ。

例えばあなたの借金に保証人がいて迷惑をかけたくない。そして家や車を残したい場合には、できれば任意整理での解決がいいでしょう。

個人再生

個人再生は裁判所を利用した多重債務の解決法です。

個人再生の特徴は住宅ローン督促と言って、住宅ローン返済中の家を残したまま借金を整理できる上に、借金の総額も最大で1/5までカットできますので、大幅に返済額を減額できることです。

デメリットは、裁判所を利用するため集める書類を多いことと、保証人を守ることもできない点があります。

持ち家があってそれを手放したくないけど、借金の総額が多くて任意整理で解決できない場合に個人再生を利用して解決することが多いです。

自己破産

自己破産は裁判所を利用して借金の返済義務を全てなくす方法です。

自己破産の特徴は、借金の返済義務が全てなくなることです。デメリットは財産(90万円以上の現金と20万円以上の財産)がほとんどなくなることです。

国が定めた多重債務者を救済するための手続きなので、自己破産をしたとしても生活ができなくなるようなことはありませんし、賃貸を追い出されることも会社を辞めなければならないこともありません。

個人再生で借金を大幅にカットしたとしても、返済が不可能な場合のみ自己破産という手段をとることになります。

あなたに最適な債務整理の方法は?

基本的な考えとしては

  1. まず任意整理で解決できないかを考える
  2. 任意整理でできなければ個人再生を考える
  3. 個人再生でも不可能であれば自己破産をする

というふうに考えます。

一言でいうなら、あなたの返済能力によってどの方法がいいかを選ぶことになります。

債務整理をしたときのデメリットは自己破産が一番大きく、次が個人再生で一番デメリットが小さいのが、任意整理です。

その変わり、返済額の減額について自己破産が一番大きく返済額は0円になり、個人再生で返済額の50%〜90%程度、任意整理で最大20%です。

1.任意整理で解決できないかを考える

任意整理とは裁判所を通さずに業者(お金を貸してくれている会社)と直接交渉をして、これからの金利のカットと返済額を減額してもらう交渉をします。

その減額後の返済額を36回に分けて返済していくのが一般的です。(場合によっては60回もあります)

住宅や車などの財産を残すことが可能ですし、クレジットカードを一部残しておくことも可能なので、デメリットが少ない方法と言えます。

業者はそんなこと応じてくれるのか不安になるかもしれませんが、なたを極限まで追い詰めて自己破産にまでおいつめて借金が返って来ないよりかはあなたの収入の状況などに合わせて返済してもらう方がいいのです。

この計算は専門家がやってくれますが、36回の分割支払い額を計算してみた上で、実際にあなたがその金額を毎月支払っていけるのかを考え、支払っていけるのであれば任意整理を選ぶことが多いです。

過払い金返還請求

任意整理するときには過払い金の請求も同時に行います。過払い金の対象となる人は一般的に考えているよりも非常に多く、そして返ってくる金額も非常に大きいのです。

法律が改正される2010年6月18日以前に借金をしていた人全てが過払い金の対象になります。

TVなどでよく見る「借金がなくなってその上お金が返ってきた」という話は、自分には関係ないでしょ?と思っている人が多いのですが、200万円の借金がなくなり、50万円返ってきたという話は決して他人事ではありません。

だから債務整理をするだけで全くデメリットなくブラックリストにのることもなく、借金を解決できてしまう人も少なくありません。

2.個人再生を考える

任意整理ができない場合個人再生ができないかを考えます。

個人再生は先ほど書いた通り、裁判所を使い借金を減額して3年間に分割して返済していく方法です。任意整理と違い、業者に断る権限がないことと、最大で1/5に減額が出来ることが特徴で住宅や車などの財産を残すことが可能できます。

毎月の返済を大幅に減らすことができるので、ほとんどの方が個人再生での解決が可能です。

ただし減額しても、あなたにその返済能力がなかった場合や、家などの失う物がない場合は自己破産で借金全てを無くしてしまった方がメリットが大きいため、自己破産を選ぶことになります。

自己破産

過払い金を計算しても無理で、返済額を減額しても返済のめどが立たない場合は自己破産を選ぶことになります。

もしくは、失う物がない場合も自己破産することを選ぶこともあります。なぜなら自己破産をすれば、借金は返済しなくてよくなるからですね。

出来るだけデメリットの少ない方法で債務整理しましょう

以上、債務整理のそれぞれの方法について簡単に説明しました。

あなたにとって、どの債務整理の方法が最適でしょうか。

  • 家族に黙っておきたいから任意整理を選びたい
  • クレジットカードを残しておきたい
  • 保証人に迷惑をかけたくないので任意整理をしたい
  • 借金大きく減額したいけど、家は守りたいから個人再生にしたい
  • 失う物はなにもないので、もう借金をすべて整理したから自己破産

などあると思います。

ただ気をつけないといけないのは、誰でも自由に種類を選ぶことができないということです。

あなたにあった債務整理の方法を正確に知りたい場合は、借金シミュレーターを利用するという方法があります。借金シミュレーターでは、たった5つの項目に答えるだけで

  • あなたにあった債務整理の方法
  • 過払い金があるかどうか
  • 毎月の返済額がいくらになるのか

をしることができて、もちろん無料です。

↓シミュレーターはこちらから